1分半以内に教師がする2つの判断

学校は、多様性、一体性、尊重、そして友情を育む場所です。誰かを特定の特徴で判断したり、差別したり、制限したりすることなく、他者との社会的関係を学び、発展させるための特別な場所です。 

しかし時代は進歩しているにもかかわらず、人々はいまだに裁かれ特別扱いされる人がいることも事実です 

<!-more-> 

どんな時でも、あるいはどんな人達の間にでもいじめはあります 悲しいですが事実です。そして皮肉なことに学校例外ではありません、先生でさえも例外ではありません 

人々がどのように批判しているかの証明 

現場の教師であるデボラ・ロウーウェンバーグ・ボールが行った調査で、彼女は目には見えない現実を確認することができました。 多くの人が気づかぬうちに勝手に批判しているという驚くべき事実です。このケースは特別で、ほんの1分半で実証されました 

すべては一人の生徒が数学の分数問題解答しているときに始まりました。その時先生は別の生徒が彼女の説明と課題の解答が同意しないことに気づきます。 その生徒はあざ笑い、髪をいじりながらものまね口調でその解答の理由を尋ねたのでした 

明らかにこのような時には、状況が悪化する前に教師が介入し生徒を落ち着かせなければなりません。しかし、問題はどのようにすれば良いかです。 

横柄な若者に他者の反応を笑わず教養を備えた自己表現を習得する必要性を伝えるために何ができるでしょうか 正確かつ冷静に、良いパートナーなり、他人の意見を尊重することを伝えるにはどうすればよいのでしょうか 

その後、何が行なわれようが、現実に彼らのような若者は大勢いますある意味では正しいことを言っているのですが彼らの主な目的は他人の落ち度を指摘することです。 

批判する理由? 

pexels photo 734168 - 1分半以内に教師がする2つの判断

なぜ少女の答えが間違っていた時に、正しい答えを知っていたが、もっと普通の声で彼女を正すことができなかったのでしょうか? それどころか彼は、教室にいたすべての人の気分を悪くし、彼女を馬鹿だと祭り上げるような軽蔑的な言い方をしました 

学校に「不良っぽい」「危険な」スタイルをしている生徒がやってくると多くの人々が彼を恐れて近づきませんこのような例は何百通りあります。 

あるいは、やせた女子と「ぽっちゃり」した女子が新しい学校に転校してきた場合、細い女の子の方より早く教室で結成されている友人グループに混ぜてもらえるケースも聞かれます。 

我々は他者への偏見をぬぐい切れません。残念ながら、多くの人は「タグ」で人々を見ています。それは新しい未知の場所で、人々が社会生活に適合するために、身に付けてきたものではありません