教師と生徒の関係性-教育に与える影響とは

学校はすべての児童学生たちにとって第二のであり、長い期間そこで彼らは学校社会と交流し、様々な科目学び、社会生活を学びます 

学校生活は子供達の成長に強影響するのでとても重要です。 

教師は実質的に学校でのとなり、子供の世話と学習を見守る教育者です。問題がある子供には個々に対応する必要があります教師はとても重要な役割を担っているです。 

では生徒色々な教師との関係や教育の重要性、そして教育が与える影響に気づくことができます。 

2種類の教師が及ぼす、それぞれの影響 

pexels photo 289740 - 教師と生徒の関係性-教育に与える影響とは

ご存知の通り、いくつかの異なるタイプの先生がいます。特定の科目のみを教え、毎日違う学年を教える先生、または同じ学年で一年を通して教える先生などます。 

いくつかの研究によると、前記の教師は生徒たちにより影響を与える可能性があります後記の教師は、生徒のコミュニティにより多くの利益をもたらしますこれは、特定の科目に専念し絶えず交代する教師よりも、年を通してそばにいる常任教師がより良い関係を築くためです。 

したがって、学校によっては、それぞれの教師がいくつかの異なる教科を教えられるようなプロジェクトを実施し年度を通して特定の学年とセクションを割り当てられるようになりました 

そしてそれはハーバード大学のような主要な大学でも提起された提案でした2年間専門学校で教師を養成するという選択肢を様々な学校に適用できるか実験を行いました 

その結果、学生取った得点は驚くべきもので、特定の科目のみ教える教師から教わった学生の成績はかなり低いものでしたまた、出席率さえも異なっていました。 

新しい教師のあり

pexels photo 459971 - 教師と生徒の関係性-教育に与える影響とは 

特定の科目の教師よりも年度を通して同じ教師が教える方がより有益であることが示されました。生徒との対話時間が多く、クラスとの関係よりくなるためです。 

教師は一人一人の生徒に目を向け支えることにより距離が縮まります。それにより、必要な教育的ケアを提供することができるのです 

基本的に、子供たちは小学校で人としてどうあるべきかを学んでいます。学校社会で人間として成長しながら、自分とは違う多様な人々を尊重し、コミュニケーションスキルを身に付けます。それを身に付ける一番の方法は先生から学ぶことです。 

信頼関係十分だと生徒は理解できていない事実を教師に伝え、もう一度教えてほしいと言うことができません。 

特に難しい科目においては、多くの子供達が教師説明を理解していないにもかかわらず、教師の説明が不十分だったことを明らかにしたり、教師に再び説明を求めたはしません。これは人前で話すことへの苦手意識教師との信頼関係がそれほど強くないことが原因となります